京都府ドローンの資格取得・操縦士スクール・教室・学校

一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会

学校の場所京都府
コース内容JUIDA Aコース(定員15名)
カリキュラムの詳細協会概要 ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)は、無人航空機(通称「ドローン」)による撮影並びに操縦技術の向上および安全運航管理者の育成と、産業用途のドローン活用を推進し、安全確保と地域社会との調和を保ちながら、ドローンに関連する情報ステーションとしての役割を担いつつ、社会の経済活動の発展に貢献する事を目的として創設されました。 スクール概要 【目的】   無人航空機の運用において、パイロット及び安全運航管理者に求められる知識や利活用に関する技術を習得する
コースの詳細JUIDA認定スクールの座学・実技カリキュラムを連続日程で受講していただけます。 最短3日間で修了していただくことが可能ですので、遠方からの参加をお考えの方もオススメです。 ※連続で受講できない場合でも、他の期で補講していただくことが可能です。 例)2日目を欠席した場合、他の期の2日目にて補講が可能 ※修了検定不合格の場合は3回まで無料で再検定を受けられます。4回目以降から再検定受験料は1万円となります。 ※受講スタートからの受講料返金はできませんのでご了承願います。 ※カメラワーク講座単体で他の期で受講することが可能です。 【定員】 15名 (最低催行人数5名〜) 【対象】 20歳以上 資格や経験は機体の有無は不問 ​【受講料】・Aコース:4日間講習 会員 26万円 非会員27万円  ・Bコース:3日間講習 会員 20万円 非会員21万円 (※ 価格は税抜き)
就職・転職なし
講師の特徴鈴木 聡 ラジコンヘリコプターを主体に無人航空機のフライトは25年以上。総飛行時間は5000時間を超える。 前職ではラジコンヘリコプター、産業用無人ヘリコプターメーカーに勤務し、 元農林水産航空協会認定産業用無人ヘリコプターオペレーター指導員としても活躍する。 開発、販売、指導、イベントフライトも経験あり。 茶野木 裕之 元自衛官で平成28年3月末即応予備自衛官を定年退職後ドローンパイロットの活動開始、 現在も予備自衛官として訓練に参加中。 ラジコンヘリコプター歴27年、総飛行時間約5000時間。 好きなフライトパターンは3Dフライト、F3C競技出場資格C級検定所得。 https://www.dpca-japan.org/juida-1 他にもいらっしゃいます。
料金・価格270,000円(税別)※証明書申請費別
スケジュール4日間 第32期 3月12日〜3月15日   京都会場  連続受講 ​第33期 3月26日〜3月29日   神戸会場  連続受講

ドローン操縦士